源池設計室マンデーコラム

Vol.714 あがたの森文化会館

2017.08.14



あがたの森文化会館

「あがたの森公園」の入口にある「あがたの森文化会館」
周囲をヒマラヤスギに囲まれた佇まいは、学都としての風格と歴史を感じさせます。
昨日は、セイジ・オザワ松本フェスティバルの初日、
ここで「金管アンサンブル発表会が行われていました。
「旧松本高等学校」の校舎として、重要文化財の指定を受けております。
昭和になって信州大学の校舎として使用されていたことから、
全国で唯一良好に保存されている旧高等学校の遺構となっているそうです。
明治から大正にかけて建設された公共建物に多い中央入りのシンメトリのつくりではなく、
隅入りのつくりは、街に対して開放的な親しみを持たせた造りとして、
明治期の権威的な社会から変化していく時代背景を表わしたものとも思われます。
擬洋風の木造建築で、旧制松本高等学校に在籍していた北杜夫氏の
『どくとるマンボウ』の舞台としても知られていますね。

マンデーコラム











マンデーコラム701~720

マンデーコラム681~700

マンデーコラム661~680

マンデーコラム641~660

マンデーコラム621~640

マンデーコラム601~620

マンデーコラム588~600

フィンランド紀行 579~

マンデーコラム561~578

マンデーコラム541~560

マンデーコラム521~540

マンデーコラム521~540

マンデーコラム501~520

マンデーコラム1~500

inserted by FC2 system