561-578 of 源池設計室マンデーコラム

HOME > 561-578


561→578

Vol.561 てるてる坊主

2014.09.01

♪てるてる坊主 てる坊主
 あした天気に しておくれ
 いつかの夢の 空のよに
 晴れたら金の鈴あげよ

 てるてる坊主 てる坊主
 あした天気に しておくれ
 私の願を 聞いたなら
 あまいお酒を たんと飲ましょ

 てるてる坊主 てる坊主
 あした天気に しておくれ
 それでも曇って 泣いたなら
 そなたの首を チョンと切るぞ♪

上棟式には晴れますように・・・とよく『てるてる坊主』をつくります。
この歌の作詞の浅原鏡村さんは池田町の出身で、
記念館もあり、そこでは「てるてる坊主アート展」が開催される事も知っていましたが、
歌詞をじっくり読んだことはなかったかもしれません。
意外と残酷?
明々後日は「花水木の家」さんの上棟式です。
てるてる坊主さん、どうか気持ちのいい晴れにしてください!

DSCF2978.JPG

Vol.562 楽しむ事

2014.09.08

「人を楽しませる為に、自分が楽しむことを大事にしています。」
私の大好きなパフォーミングアーティストの言葉です。
家のプランを考えるのはとても楽しいです。
この楽しさを知ったのは、高校の家庭科の授業でした。
それからその道に進んで、
住宅の設計に携わって22年、源池設計室になって11年。
もちろん、楽しいばかりではありませんが、
家をつくる事、そして、自分が暮らすという事を
まず楽しまなければ、良い家なんか出来ない、
この彼の言葉が、すっごく自分の中で腑に落ちました。
今も幾つかの進行している現場と
幾つかの計画案と、忙しくさせてもらっています。
でも忙しい中でも、料理を作ったり、庭仕事したり、模様替えしたり、機織りしたり・・・
家という空間の中で楽しむ事、
友達と遊んだり、スポーツしたり、美味しいものを食べに行ったり、
生活を楽しむ事を心掛けています。
今晩はこれからクライアントさんにいただいた沢山のバジルでジェノベーゼをつくり、
昨日録画したこのパフォーミングアーティストのビデオを観ようと思います。
今日はこれまで。おやすみなさい・・・

Vol.563 インターンシップの1週間

2014.09.15

インターンシップとは、学生が一定期間企業などの中で研修生として働き、
自分の将来に関連のある就業体験を行える制度です。
先日の建築士定期講習でも習いましたが、
建築士法の改正(平成20年11月28日施行)に伴い、
建築士試験の受験資格要件のうち、大学院における実務経験要件については、
従来の「大学院における研究が建築に関するものであると認められるもの」から
「建築物の設計又は工事監理に係る実践的な能力を培うことを目的として
建築士事務所等で行う実務実習(以下「インターンシップ」という)
及びインターンシップと関連して必要となる科目に係る単位を
修得した単位数が所定のもの」に変更されました。

先週、ゼミの後輩でもある大学院1年生のTくんが
源池設計室へ1週間、インターンシップに来ました。
彼の1週間です。

9月3日(水) 午前中、『ひろまろひ』さんの定例打合せに同行
         午後は事務所にて、Adobe IllustratorでA1パネル制作
9月4日(木) 昨日に引き続き、A1パネル制作(計3物件)
         夕方『花水木の家」』さんの上棟式に出席
9月5日(金) 午前中、引渡し後の『Cadre山音のいえ』さんへ同行
         午後、蓼科計画物件の模型製作
9月6日(土) 『Courtyard HOUSE』のボリューム模型を2つ制作
9月8日(月) A1パネルをもう2物件制作
         レベル測量に同行
9月9日(火) 午前中、『キネマチバリノイエ』さんの現場へ同行
         『英語塾の家』のボリューム模型を制作


これまでに溜まっていたA1パネル制作も片付き、
ボリューム模型のお蔭でプランの方向性が決まったり、
本当に1週間、よく働いてくれました。
9日の夜は、クライアントさんオススメの『福岡キッチン』で打ち上げ。
今の大学の話しなども聞く事ができ、
軽いカルチャーショックを受けつつ(笑)、楽しい時間でした。
本当に有難うございました。

DSCN3426.JPGボリューム模型制作

DSCN3465.JPGA1パネル制作

Vol.564 インターンシップの1週間 その弐

2014.09.22

インターンシップ大学院1年生Tくんの1週間を
先週のコラムに掲載しましたが、
彼から嬉しいメッセージが届きました。

インターンシップでお世話になりましたTです。
真也さん、洋子さんにはお忙しい中、
大変お世話になりました。ありがとうございます。

インターン期間中は何軒もの現場に同行させていただき、
改めて設計が現実のものになっていく喜びや職人さんとの連帯関係など
お二人の設計に対する姿勢と
お客様、仕事仲間への考えを身近で感じることができました。

また「花水木の家」さんの上棟式にも同席させていただき
お客様・滝澤工務店さんの職人など、
多くの人が関わり住宅が出来上がっていくことがよくわかり、
出来上がる過程の重要さや、
住宅は一緒に築き上げるものだという考えのなかで
お互いを知り、気持よく、そして楽しく仕事することで
満足いくものに仕上がっていくことがみえました。

そんな二人の考えがあり、僕自身この1週間楽しい時間を過ごさせていただき、
今後の活力に繋がりました。

最終日にはのおいしいご飯と今までのお仕事の経験談、
お二人の学生時代の想い出ばなしは楽しかったです。
また帰省した際はお荷物になりますが、源池設計室に顔を出し、
微力ながら、一緒にお仕事出来ると幸いです。

Tくん、こちらこそ有難うございました。
年末には同行してもらった二つの現場も竣工していますので
それも楽しみに帰省の際は、是非事務所へお寄りください。
事務所にいた1週間、彼は松本市美術館で開催中のたぐ展☆を3回も
楽しんでくれたようで、嬉しいです。
ちなみに、昨日友人親子も満喫した「たぐ展☆」は今週末までです!

Vol.565 最近のお気に入りショット

2014.09.29

DSCF2859.jpgNY
DSCF2804.jpgステンドグラス
DSCF3119.JPGふうせんかずら
DSCF2903.JPG左官壁
DSCF3158.JPG渋皮煮
DSCF2892.jpg見つめる目
DSCF2870.JPGアナ雪
DSCF2915.JPGヒンメリ
DSCF2758.jpg野沢にて

このたびの御嶽山の噴火により被害を受けられました方々には
心からお見舞い申し上げ ます。

Vol.566 アナグラム

2014.10.06

今日の午前中は、小布施の現場へ。
台風の影響がさほどなく、打合せが終わって帰る時は雨も上がり、
青空も見え始めていました。
帰りの車の中、二人で「アナグラム」
アナグラム (anagram) とは、単語や文の中の文字をいくつか入れ替え、
全く別の意味にさせる言葉遊びです。
「トドロキシンヤ」ならば、
「ヤキシロ トドン」
「ドロント ヤシキ」
なかなか意味のある言葉にならない・・・
「ロト キンシ ヤド」
これなら、ちょっと意味がある?
「トドロキヨウコ」ならば、
「トロ キヨウ ドコ」
「ドキ ヨコ ウトロ」
「ウロコ ヨキ トド」
こちらの方は、ちょっと画が頭に浮かんできそうです(笑)
こんな事をしながら、1時間ちょっとのドライブを楽しんできました。
久しぶりに「言葉ポーカー」もしたくなりました。

Vol.567 手紙

2014.10.13

先日、「手紙」にまつわる小説を読みました。
その小説を書くきっかけも、執筆依頼の手紙からだったそうです。
今は殆どがEメールであり、私自身も1日10通くらい送っていますが、
手紙を書くという機会は殆どないような感じがします。
小説の「あとがき」の一番最後に、
『本書を手に取ってくださった皆さんが、よし、ひさしぶりに手紙でも書いてみるか、
 と思ってくださる事を願いながら、私はこの辺りで筆を擱くことにする。』
そう、そんな私もよし、書いてみるか!と電車の中でその気になってしまいました。
しかし、いざ書こうと思うと、果たして誰に送ろうか?
さみしい事に、手紙を送る相手が思い浮かんできません。
そんな事を考えながら、古い友達に会った時、
酔いが回ってくると、担任の先生に手紙を送る!と宣言していました。
お気に入りの絵葉書を買って、机に向かい、ペンをとり、
紅葉の候?秋の夜長?秋空高く?・・・書き出しの言葉に迷いながらも
なんとか書き終える事が出来ました。
ポストに投函する時のドキドキ感は、メールでは味わえないですね。

__.JPG

Vol.568 リノリフォーム

2014.10.20

先週、7月半ばから工事をしておりました『リノリフォーム』さん、
無事に完了いたしました。
お盆を挟んでの2期に渡る工事、お盆前は2階を、荷物を移動し、
お盆明けはキッチン、トイレなどの水廻りを含む1階を改修しました。
キッチンを使えない期間は、外部の庇のある所に簡単な調理を出来る所を設け、
お風呂は数日温泉へ、トイレ・キッチンが使用できない期間は約1週間でした。
ご不便をお掛けしましたが、毎日、美味しい漬物やお菓子を職人さんたちに出して頂き、
工事が完了した時には、職人さん達が来なくなると思うと淋しいとおっしゃっていたお施主さん。
本当にお世話になりました。
教えて頂いた「エリンギの漬物」は我が家の定番です!
暖かい家、そして使いやすいキッチンにしたいというのが一番のご希望でした。
今まで背中を向けていたキッチンを対面キにし、
キッチンからは本や写真が沢山置く事の出来るスタディーコーナーが良く見え、
ご家族の距離がより近くなったと思います。
また、既築住宅の省エネ改修を促し、省エネを推進するため、
省エネルギー性能の高い高性能建材を用いた改修に対する補助金も視野に入れ、
断熱方式やインナーサッシのグレードを検討、決定しました。
一番喜んでくれているAちゃん、「げんちさん、だいくさん、おねがいします」と
工事前にも頂いた素敵なお手紙は宝物です。ありがとう☆

DSCN0217.JPGbefore 広縁のある和室
DSCN1191.JPGbefore 広い雰囲気のある玄関。
DSCN6529.JPGbefore 壁向きのキッチン
IMG_3891.JPG玄関は落ち着いた雰囲気はそのままに
IMG_3900.JPGベンチを設けました。
IMG_3913.JPG広縁をなくし、広い洋間に。
IMG_3928.JPGスタディーコーナー正面はマグネットボード。
IMG_3943.JPG対面キッチンは明るく、使いやすく。
DSCF3254.JPG小さな花器はAちゃんセレクト。

Vol.569 長野県歌『信濃の国』

2014.10.27

今さっき、現場からの帰り道、FMまつもとから『信濃の国』が流れてきました。
先週末、西埋橋町会で行った日帰り温泉旅行でも
カラオケのスタートはこの曲でした。
信州へIターンして22年、数日の間に2回も
『信濃の国』をじっくり聞いた事は初めてかもしれません。
よく聞いてみると、信州観光をしているような気分になります。
ウィキペディアによると、1900年につくられ、
秋田県、山形県と並ぶ「三大県民歌」と称されるそうです。


  一.信濃の国は十州に 境連ぬる国にして
    聳(そび)ゆる山はいや高く 流るる川はいや通し
    松本伊那佐久善光寺 四つの平は肥沃(ひよく)の地
    海こそなけれ物さわに 万(よろ)ず足らわぬ事ぞなき

  二.四方(よも)に聳ゆる山々は 御嶽乗鞍駒ヶ岳(おんたけのりくらこまがたけ)
    浅間は殊(こと)に活火山 いずれも国の鎮めなり
    流れ淀まずゆく水は 北に犀川(さいがわ)千曲川(ちくまがわ)
    南に木曽川天竜川 これまた国の固めなり

  三.木曽の谷には真木茂り 諏訪の湖(うみ)には魚(うお)多し
    民のかせぎも豊かにて 五穀の実らぬ里やある
    しかのみならず桑とりて 蚕飼い(こがい)の業の打ちひらけ
    細きよすがも軽(かろ)からぬ 国の命を繋ぐなり

  四.尋ねまほしき園原や 旅のやどりの寝覚の床
    木曽の棧(かけはし)かけし世も 心してゆけ久米路橋(くめじばし)
    くる人多き筑摩(つかま)の湯 月の名にたつ姨捨山(おばすてやま)
    しるき名所と風雅士(みやびお)が 詩歌に詠てぞ伝えたる

  五.旭将軍義仲(よしなか)も 仁科の五郎信盛(のぶもり)も
    春台太宰(しゅんだいだざい)先生も 象山(ぞうざん)佐久間先生も
    皆此国の人にして 文武の誉(ほまれ)たぐいなく
    山と聳えて世に仰ぎ 川と流れて名は尽(つき)ず

  六.吾妻はやとし日本武(やまとたけ) 嘆き給いし碓氷山(うすいやま)
    穿(うが)つ隧道(トンネル)二十六 夢にもこゆる汽車の道
    みち一筋に学びなば 昔の人にや劣るべき
    古来山河の秀(ひい)でたる 国は偉人のある習い

Vol.570 木曽路へ

2014.11.03

御嶽山噴火で被害にあわれました方々に、心よりお見舞い申し上げます。

木曽周辺では噴火の影響で観光業が打撃を受けていると
最近、ニュースで耳にします。
「風評被害でキャンセルされた旅館やホテルに泊まりに行って、
 お金を使うのもよいのではと考えます。
 (多くの方が亡くなられているので不謹慎だというのも理解できます)」
Tさんからの素敵な提案で実現した、7人の温泉一泊の旅。
木曽の「中乗りさん」も楽しみつつ、紅葉も満喫してきました。

DSCF3377.JPG紅葉まっさかり!
DSCF3336.JPGもみじの絨毯
DSCF3370.JPG木曽古道散策
DSCF3353.JPG森の守り神?
DSCF3373.JPG黄色から赤へ
DSCF3396.JPG宿の部屋の窓より
DSCF3375.JPG逆さもみじ
DSCF3391.JPG今が見頃です
DSCF3359.JPG森林浴でリフレッシュ
DSCF3403.JPGもみじに埋もれるチンク
DSCF3405.JPG遠くに見えるは・・・
DSCF3408.JPG木曽路帰路

Vol.571 Let the fun housework!

2014.11.10

今月末にオープンハウスを開催予定の『キネマチバリノイエ』さんの
洗面脱衣室はちょっと広いんです。
洗面所と脱衣室を分けるかどうか、いつもプラン打合せの最初のテーマになりますが、
今回は洗面脱衣室で家事を楽しむ事をテーマにしました。
アイロンもここでかけたい。
タオルはいつも丸めて縦型に置きたい。
内と外、洗濯動線を短くしたい。
皆並んで洗面台に立ちたい。
などなど、色々なご意見を聞きながら、話し合いを重ねて、形になりました。
意外とかさばる洗濯物ハンガーをどこにしまおうか、
ハーフェレのアイロン台 IRONFIXも検討。
お客さんもこのスペースには入るので、かっこよくも見せたい。
私が家事の中で一番嫌いなのは、洗濯です。
干すのも、とりこむのも、たたむのも、苦手。
どうせやらなければいけない家事ならば、
ラクに、楽しく、美しく。

完成見学会の詳細につきましては
HPへ後日アップいたします。

Vol.572 Kerros

2014.11.17

本日は無事『小布施KerrosTALO』さん、お引渡し致しました。
設計事務所を開設し、11年が経ちましたが、
以前設計監理をさせて頂いた住宅のお子さんの嫁ぎ先を設計させて頂くとは、
なんとも不思議な感じ。
これまで、親子でそれぞれの住宅の設計という経験はありましたが、
私達の設計した家で育ち、そこから巣立って、
新しい暮らしの「礎」となる家を、一緒につくる事が出来るなんて感激です!
ご実家をお引き渡しした時は学生だったのに・・・
と少し花嫁の父的な気持ちもあり、
時の流れのはやさには、ただ驚くばかり。
Kerros。色々な事が重なり合って、新しいものが生まれる。
これからも暮らしを楽しんでいただけると嬉しいです。
Congratulation!

03.jpg 01.jpg 04.jpg

Vol.573 トルボー155

2014.11.24

『キネマチバリノイエ』さんのダイニングの照明は「トルボー155」
Poul Henningsen( ポール・ヘニングセン)のデザインで、
1966年に最後にデザインした街路灯をモチーフに製品化されたペンダント照明です。
この照明を何にしようか、お施主さんとも色々検討しました。
最終的に、シェードは三層吹きガラス、内側はフロスト加工されている
シンプルな形状のものを選びました。
『PHランプ』でも知られるポール・ヘニングセンは、数多くのランプをデザインしましたが、
ランプ自体のデザインやフォルムをどう見せるかでは無く、
照らし出される人や物、あるいは空間を理想的に見せるための「良質な光」を
テーマにしていたのが、今でも愛される秘訣ではないでしょうか。
松本平に繋がるダイニングの空間をよりよく見せてくれています。

DSCF3521.jpg

Vol.574 映画の日

2014.12.01

昨日、一昨日開催の『キネマチバリノイエ』完成見学会へ
多くの方にお越し頂き、有難うございました。
新しい出会いもあり、OBさんと久々の再開もあり、
私達にとってもエキサイトな2日間でした。

12月1日は「映画の日」
今日は一日まったり土間で映画鑑賞・・・とはいきませんでしたが、
今年もあと1ヶ月、今年は何本映画を観ただろう。
映画館では片手で足りるくらいかもしれない・・・
学生時代は「映画の日」というと、迷わず映画館へ行っていました。
2006年のマンデーコラムVol.144でも「映画」について書いていましたが、
松本市へ移り住んで、初めて見た映画は「ラ・マン」でした。
20数年前、上土の映画館、会社の同僚5人で行ったでしょうか。
館内には私達ともう二人くらい。
ちょっと懐かしいような映画館も印象的でした。
今は松本駅から歩いていく事の出来る範囲に映画館が一軒もありません。
映画を観て、ちょっと近くのお店で一杯飲みながら映画談議・・・なんて
出来なくなってしまいました。
ちょっと残念。
長野市には、駅の近くに「千石劇場」、権堂には「相生座」があります。
ちょっとウラヤマシイ。

Vol.575 神楽坂

2014.12.08

先月、建築士会の研修旅行で「神楽坂」へ行ってきました。
歴史と伝統文化をまちづくりと人の繋がりに生かしたワクワクさせるような街。
最近はマンション建設などで風情が失われつつある中、
大正時代に賑わった花街の名残を感じる石畳や板塀の路地も残っており、
今度ゆっくりまわってみたい町の一つとなりました。

DSCF3556.JPG
DSCF3567.JPG
DSCF3553.JPG
DSCF3554.JPG
DSCF3561.JPG
DSCF3568.JPG
DSCF3574.JPG
DSCF3581.JPG
DSCF3573.JPG
DSCF3586.JPG
DSCF3615.JPG
DSCF3638.JPG

Vol.576 バウムキャンドル

2014.12.15

先日、ペチカの家さんで開催されたワークショップ
「ミツロウで作るバウムキャンドル」に参加しました。
初めてのキャンドルづくりでしたが、
あったかいペチカの前で、コツコツ蝋を流し込む・・・
同じ作業の繰り返し、こういうの好きなんです。
フィンランドの人にとって、キャンドルはなくてはならない大切なモノ。
冬は昼間の時間が短いフィンランドに住む友人の家で
キャンドルを灯しながら、まったりとした時間を過ごした事を思い出しました。

IMG_0007.JPGミツロウをあたためます。
IMG_0009.JPG型に外側から蝋を流しこむ。
IMG_0015.JPGピグミーみたいな形状に。
IMG_0016.JPG頭をカット!
IMG_0017.JPG芯を入れ、鉄板の上で成形
IMG_0019.JPG樺の皮で巻きます。
IMG_0028.JPG完成!
DSCN5466.JPG樺の事も教えて頂きました。
IMG_0029.JPGヒンメリも飾って。

Vol.577 ここ最近の師走

2014.12.22

ここ数年、師走に開催される大学のゼミのOB会に出席するのが恒例となっています。
その前に、ミッドタウンへ行ってクリスマスの雰囲気を味わい、ちょっと買い物。
そして、黒川紀章設計の美術館としては最後のものとなった新国立美術館へ
日展を観に行くのが定番。
今年は改組新第1回日展の工芸部門で受賞した漆工芸家・武田司さんと
日展鑑賞後、同じく同級生のやっているHAENNI'Sへ。
イメージコンサルティング をやっている友達とも会え、ちょっぴりアドバイスも受けたりして、
意外と素直に聞く自分がいました。
20年以上連続で日展に入賞している司さんの頑張りが
私にとってもカンフル剤になっています。
夜のゼミOB会で、年に一度会える先輩や後輩達との交流は来年のパワーにもなり、
また仕事でも新しい繋がりが出来たりもします。
〆の大江新先生からの言葉を心に受け止めて、1年を締め括る・・・
特に今年の言葉は重かった!
大江先生、有難うございます。
最後の最後の手締めは、♪昼間のパパは光ってる♪のOくん。
これで締めなきゃ、年を越せないね!

DSCN5299.JPGミッドタウンにて
DSCN5305.JPG新国立美術館
IMG_0028.JPG武田司さんの「繋ぐ」

Vol.578 2014年末

2014.12.29

進行中の2つの現場は一昨日が仕事納め、
事務所の方は今日の午前中プラン打合せが仕事の締め括りとなりました。
そして設計士仲間との忘年会で2014年が終わります。
今年は木造の新築住宅6軒、住宅リフォーム工事が1軒完成。
日々、多くの方から色々な事を学ばさせて頂いた1年、
本当に有難うございました。
また今年も新しい出会いがあり、懐かしい再会もあり、
沢山の人との繋がりがありました。
2年前に住宅を設計したご家族のご実家をリフォームさせて頂いたり、
9年前のお施主さんの娘さんの新しい家を設計させて頂いたり、
本当に色々繋がっていくのが楽しいです。
来年は更に飛躍の年になるよう頑張っていきたいと思います。
This is to wish you a wonderful holiday season!

DSCF3850.JPG  □轟真也 + 轟洋子□

マンデーコラム



501.人間ドッグ
502.「家族でエコハウスをつくろう!」
503.暮らしの器と生活道具
504.白露さんの雲
505.日本の庭
506.キッチンをつくる
507.キッチンをつくる その弐
508.10th Aniversary
509.ささやかな夏休みの思い出
510.ジャネーの法則

511.松本まちなかゼミナール
512.添う
513.好きなモノ
514.ミステリー記念日
515.モッコウバラのフェンスDIY
516.キッチンをつくる その参
517.植栽エトセトラ
518.縁側のある暮らし
519.暮らしを楽しむRe;form
520.家の履歴書

521.ヤドリギとペチカ
522.ぺちゃくちゃないとNAGANO
523.夫婦で設計事務所
524.Mさんのこと。
525.光色と明るさ
526.2013年末


527.似ている!北欧と松本の暮らし
528.フィンランド国民年金協会(Aalto)
529.Atelier Aalto, 1955
530.Villa Aalto, 1936
531.Hyvää syntymäpäivää!
532.Kirkko(キルッコ)
533.住宅フェア in フィンランド

534.引き継ぐ
535.ヒンメリ
536.映画
537.木を植える
538.二世帯住宅
539.発電量
540.コブシ

541.バックアップ
542.タモ材のテーブルが出来るまで
543.城散歩
544.松本スケッチ
545.城下町みずのタイムトラベル<城中編>
546.瞽女さんの唄が聞こえる
547.クラフトフェア2014
548.職場体験日誌
549.触れて知る事
550.軽井沢千住博美術館

551.残るもの残らないもの
552.麻ひも
553.松本オープンガーデンの家
554.松本オープンガーデンの家 その2
555.フィンランドで見つけた素敵なモノ
556.似顔絵
557.太陽光発電を入れて半年
558.宮芳平とはやみねかおる
559.諏訪湖祭湖上花火大会
560.仮設足場

561.てるてる坊主
562.楽しむ事
563.インターンシップの1週間
564.インターンシップの1週間 その弐
565.最近のお気に入りショット
566.アナグラム
567.手紙
568.リノリフォーム
569.長野県歌『信濃の国』
570.木曽路へ

571.Let the fun housework!
572.Kerros
573.トルボー155
574.映画の日
575.神楽坂
576.バウムキャンドル
577.ここ最近の師走
578.2014年末







inserted by FC2 system